インクジェットプリンターのデメリット

プリンターには大きく分けて、インクジェットプリンターとレーザープリンターの2つの種類があります。インクジェットプリンターはインクを直接噴きつける方式です。インクジェットプリンターは印刷する際、色当たりのコストが他の印刷方法と比べて低く抑えることが可能です。このため、6色や7色さらには10色を超える多色刷りをすることも比較的簡単です。しかし、同一原稿を大量に印刷する用途には適してはいません。一方レーザープリンターはイメージを帯電させた感光体にレーザー等の光源を照射し、その部位の電圧を変化させ照射された部分にトナーというものを静電気の力で付着させるという仕組みです。レーザープリンターは高速で印刷でき、普通の紙に対して高品質な印刷ができます。しかし消費電力や消耗品のコストが高いです。

インクジェットプリンターのメリットデメリット

インクジェットプリンターのメリットは色の再現性が高いことです。これはインクを直接ものに噴きつける方式だからこそのメリットです。コスト面ではプリンター自体安いことや消費電力が少ないのもメリットです。インクジェットプリンターのデメリットは普通用紙を使いカラー印刷をすると色が滲む場合があることです。また印刷にかかる時間もレーザープリンターに比べ時間がかかります。あと印刷枚数が多くなるとコスト効率が悪くなります。これはインクカートリッジが小さいため頻繁に交換することが原因です。これらのメリットデメリットをふまえて、インクジェットプリンターは印刷頻繁が少ない場合や、色の再現性を重視する場合に使うと良いです。ただし色の再現性を重視する場合は光沢のある紙を使うことが良いです。家庭用向きといえます。

レーザープリンターのメリットデメリット

レーザープリンターのメリットは印刷速度がインクジェットプリンターに比べて速いことです。そして普通用紙にカラー印刷しても色が滲みません。またインクよりもトナーの方が定着性は高いので印刷の耐久性も高いです。コスト面では大量印刷する場合、インクジェットプリンターに比べて印刷コストが割安になります。モノクロ印刷の場合は特にその効果が高いです。レーザープリンターのデメリットはインクジェットプリンターに比べて微細な色の再現性が低くなることです。写真などの印刷には向いていません。コスト面では本体価格が高いことと、カートリッジなどの消耗品が高額なところです。また本体が大きいので場所をとってしまいます。これらのメリットデメリットをふまえてレーザープリンターは印刷頻度が多く、特にモノクロで印刷する場合に向いています。そのため会社などで使用するのに向いています。