インクジェットプリンターとレーザープリンターの比較

インクジェットプリンターは、直接インクを用紙に噴射することによって印刷を行うことができるプリンターになります。メーカーによってインクの噴射方法やインクの種類は色々ありますが、熱や圧力をインクにかけて微粒子にすることによって噴きつける印刷を行っています。レーザープリンターは、インクを用紙に転写させる感光体という筒状の物体にレーザーを利用して印刷する対象物を描いて、インクをくっつけて印刷をするプリンターになります。さらに細かい仕組みを説明すると、パソコンなどから送信されてくる印刷する画像のデータをページごとに組み立てて、その画像データに従いレーザー光線を感光体に照射させて、インクをくっつけ熱することでインクが溶けて、用紙に印刷していきます。

インクジェットプリンターの特徴について

インクジェットプリンターには色を再現する性能が高いという特徴があります。この特徴は直接インクを用紙に噴射するからこそのメリットになります。その一方で普通用紙にカラーの写真をプリントすると滲んでしまうことがあります。レーザープリンターと比較するとプリントアウトするのにかかる時間も長くなってしまいます。コストの面では、消費する電力が比較的少ないことや、本体の値段が安いという特徴があります。一方で、印刷するページ数が増えてくるとコストがかかってしまいます。これはカートリッジが蓄えるインクの容量が小さいため頻繁に交換する必要があるためです。インクジェットプリンターが適しているのは、印刷するページ数が少なく、色を再現することが重要なときになります。色を再現することを重視するときには、特殊な光沢紙を使用する必要があります。

レーザープリンターの特徴について

レーザープリンターはプリントアウトするスピードが速いという性能上の特徴があります。色も滲まないためカラーの画像も普通用紙で印刷できることもメリットになります。転写されるインクの方が噴きつけるだけのインクより定着しやすいので長持ちする特徴があります。ですが、インクジェットプリンターと比較すると、色を再現する性能は低いことになります。コストの面では、大量に印刷をするときに印刷にかかるコストが安くなるメリットがあります。特にオフィスなどで使うことが多いモノクロ印刷に適しています。本体の値段は高いことや、カートリッジが高いことがデメリットに挙げられます。本体のサイズが大きく、置く場所を選ぶこともデメリットとなります。レーザープリンターが適しているのは、印刷するページ数が多いときになります。